171215 TBS日曜劇場『陸王』支援作品OA情報

TBS日曜劇場『陸王』支援作品OA情報

前橋観光コンベンション協会 (前橋フィルムコミッション)支援作品OA情報

TBS日曜劇場『陸王』のロケが前橋市内で撮影されました。是非ご覧ください。

茂木裕人(竹内涼真)爆走!番組終盤、必見シーン!!

【放送予定】20171217日(日)

■■■■■■TBSテレビ日曜劇場(第9話) 21002200 予定

【 演 出 】福澤克雄(MR.BRAIN、半沢直樹、ルーズベルトゲーム、下町ロケット、など)

【出 演 者】役所広司、山﨑賢人、竹内涼真、音尾琢真、和田正人、阿川佐和子、志賀廣太郎、寺尾聰、

【 制 作 】TBSテレビ

http://www.tbs.co.jp/rikuou_tbs/

【番組概要】

倒産寸前!?

創業100年、老舗足袋屋の未来は、

一足のランニングシューズに託された!!

その名は『陸王』

物語の舞台は埼玉県行田市、かつて足袋の生産量日本一を誇った田舎町である。

そこに100年の伝統を今も守っている老舗足袋屋「こはぜ屋」はあった。

「こはぜ屋」は従業員数27人、平均年齢57歳、最高齢75歳、

四代目社長宮沢紘一を中心とした、文字通りの零細企業である。

しかし近年、足袋の需要は下降曲線、経営は右肩下がり、遂に赤字決算・・・

時代の波は無情にも「こはぜ屋」を飲み込もうとしていた。

そんな矢先、銀行の融資担当である坂本太郎からある提案がなされる。

「新規事業を考えてみてはいかがでしょうか?」

100年もの間、足袋しか作った事のない「こはぜ屋」に何が出来る・・・

試行錯誤の末、宮沢はランニングシューズの開発を思いつく。

そもそも足袋は人間本来の歩き方に合っている履物だと知る。

奇しくも先代がチャレンジして失敗した事業もランニング足袋「陸王」の開発。

宮沢は「こはぜ屋」の命運を「陸王」に託すのだった、かくして・・・

埼玉の田舎の老舗足袋屋が、

畑違いのランニングシューズ業界に殴りこみをかける!!

そして「こはぜ屋」の前に立ちはだかる数々の難敵たち・・・

「吹けば飛ぶようなちっぽけな会社」と妨害する大手シューズメーカー、

実績ばかりを見て融資を拒む銀行、シューズに見合う新素材の開発は頓挫、

百貨店から「名も無い会社の商品は扱えない」とブランド力の壁にぶち当たる。

何度も沈みそうになる「こはぜ屋」というボロ船だが・・・

同じ夢を抱く仲間達との絆が、そのボロ船を何度でも蘇らせる!

伝説のシューズマイスター、復活を目指すマラソンのスター選手、

死蔵特許を「陸王」に託す元零細企業社長など、手を差し伸べる救世主たち!

「陸王開発」という、田舎のちっぽけな会社の大勝負は、

損得勘定では計れない、様々な人の人生をも巻き込んでいく。

そこには、彼らにしかわからない意地とプライドがあった。

このドラマは、

たった一足のランニングシューズ「陸王」に、

会社の運命、人生、そして夢を託した人間たちの、

自らの意地とプライドをかけた、

一世一代大勝負の物語である。

【市内ロケ地】

正田醤油スタジアム群馬(群馬県立敷島公園陸上競技場)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿日:2017 年 12 月 15 日 金曜日